【校歌】

作詞:澤田 道夫
作曲:今西 淳一郎

  1. 雲流れゆく 札幌の
    街並遠く 臨みつつ
    毅然と立てる学舎は
    恵みの杜に 抱かれて
    曙光に盈てる わが母校
    ともに讃えん 宮の森

  2. 冴えわたりける 大空へ
    四方の若人 はばたきて
    花開きたる その往時の
    燃える生命の 輝きは
    伸びゆく時代の わが道標
    ともに築かん 宮の森

  3. 茜のいろの 夕空に
    直きこころを 染めなして
    またたく星の ささやきを
    永久に変わらぬ 詩と聴き
    希望はてなし わが前途
    ともに歩まん 宮の森



校歌が聞こえるよのボタンを
クリックすると校歌が聞こえます。
 
     
     
   
         
     
   
【校章のこころ】

 宮の森中学校の生徒であることを四方のMで強調した。
 四つのMは,宮の森中学校の生徒にMentality(知性),Manner(礼儀),Moral(道徳),Morale(意欲)を大切にして,個性を育んでほしい願いを表している。
  「中」を囲む星型は,知・情・意・体の調和のとれた人間性を希求する未来の指標を表した。
  外側の四つの部分円は,生徒・保護者・教職員・地域が協調して学校を支える基盤を表し,それらをデザイン化したものである。
デザイン:初代校長 安倍 博 氏